「ドドソソララソ」の無料フル動画を日本語字幕で全話視聴する配信サイトまとめ

恋愛

引用:Netflix

「ドドソソララソ」あらすじ・キャストに加えて、リーズナブルに視聴する方法がわかるよ。

▼韓ドラ『ドドソソララソ』を無料視聴するならこちらがおすすめ!▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

U-NEXTで31日間無料見放題!

31日間無料
その後 2,189円(税込)/月

『ドドソソララソ』は2020年韓国KBSで放送されたドラマです。出演は、モデルや女優として活躍しているAraさん。若手注目株俳優として近年活躍が目覚ましい、イ・ジェウクさん。最近の人気ドラマには引っ張りだこのキム・ジュホンさんです。

Araさん演じる生粋のお嬢様ララと、イ・ジェウクさん演じる謎めいた青年ジュン。幸せの絶頂であるはずの結婚式の日、家族も家もすべてを失ったララをジュンが救います。2人の出会いから広がる人々とのふれ愛と、一途で純粋なララとジュンの恋模様に胸キュンすること間違いなしです。また、ドラマの中で流れる美しいピアノの音色にも心癒され、思わずピアノを弾きたくなる・・・そんなドラマです。

「ドドソソララソ」の動画が全話見放題!

U-NEXTで動画を無料で見る >

韓ドラ『ドドソソララソ』の動画をフルで無料視聴する方法

韓ドラ『ドドソソララソ』をフルで無料視聴できるところは今の所ありません。

しばらくすると、今すぐ『ドドソソララソ』を無料で視聴できるようになると思うのでこまめにチェックすることをおすすめします!

 

動画配信 見放題 配信詳細 見放題 配信詳細 見放題
U-NEXT dTV TSUTAYA TV
Amazonプライムビデオ ABEMATV Hulu
Netflix DMM FOD

◎=全話見放題 ◯=一部無料配信 △=有料レンタル配信 ✕=未配信
※2021年8月現在(配信状況は細かく変わるので、詳細は各公式ページにてご確認ください)

ドドソソララソ【最終回までのあらすじ感想!〜ネタバレ含む】

家族も家もすべてを失ったララがたどり着いた小さな田舎町。そこで出会った2人の男性と、町の人々が織りなすヒューマン・ラブストーリーです。人と人との縁や優しさを通して、人は一人では生きられず、必ず支えてくれる誰かがいると信じたくなる、心温まるドラマです。

【1話】

あらすじ

幼い頃に母を亡くし、化粧品会社社長の父と暮らすララ。父のすすめでピアノを習い、音大を卒業。その後はしばらくピアノから離れた生活を送っていた。そんなララに父は結婚を提案。受け入れたララだったが、結婚式当日に父が急死。さらに会社が倒産。それを知った花婿の母は花婿を連れて逃げ出してしまう。

感想

初回からララの美しいウェディングドレス姿にうっとりですが、ストーリーはとても悲しい展開です。それにしても母親が花婿をつれて逃げ出すなんて、あまり見ないパターンでした。ララのお父さんの子育てが素晴らしくて感動しました。子どもの心を大切にする素敵なお父さんですね。

【2話】

あらすじ

ララは車を運転中に事故を起こしてしまう。車をぶつけた相手のジュンによって病院へ運ばれたララ。目覚めたララはジュンが結婚式当日に出会った青年だと気づく。腕を怪我し、何かと不便なララをジュンが助け、担当医のウンソクもララのことを気にかける。

感想

ララが超可愛い! あんな底抜けの天真爛漫さは振り回されても絶対憎めません。Araさん、これまでのドラマもいくつか見ていますが、わりと地味なタイプというか、ララのようにおしゃれを楽しむタイプではない女性の役が多いですよね。Araさんはしっかりメイクで華やかなタイプが似合うのかもしれません。

【3話】

あらすじ

行くあてのないララの面倒をみるジュン。隣の美容院を経営するスッキョンの家に下宿させてもらうことになる。ピアノ講師の職を求めてピアノ教室を訪れたララは、ギプスが外れたら採用してもらうことになり喜ぶ。ジュンの母親は、人を使ってジュンを探していた。

感想

音楽家の特性の描き方がとても面白いですね。久しぶりにピアノを弾いたララがそんな特性を考えながら弾く姿も、20年間ピアノと関わってきた人らしくて良かったです。ジュンの時折見せるララへの優しさに胸キュンです。そしてミミにもキュンキュンです。

【4話】

あらすじ

ピアノ講師としての採用が決まり喜んだのもつかの間、採用は取り消されてしまう。がっかりするララ。そんなララに、ジュンは部屋を作ってサプライズ・プレゼントをする。ララの匿名の応援者「ドドソソララソ」からはグランドピアノが届く。ジュンは自分の家でピアノ教室を開くことを提案する。

感想

ララ・ランド…ベタですが、まさしくララのピアノ教室って感じで微笑ましいです。ウンソクのさりげないララへのアピールがちょっと切ないですが、実はピアノがとても上手い人だったという驚きの事実。男性がサラッとピアノを弾く姿はカッコいいです。動揺するジュンは可愛いし、素敵な男性2人に心配されるララがうらやましいです。

【5話】

あらすじ

ピアノ教室「ララ・ランド」をオープンしたララ。親友との思い出の曲をギターで弾くジュン。お互いが心を開き、距離を縮めていく。ララの車の修理が終わり、ララとジュンはドライブに出かける。父親との思い出を語るララ。その大切な車を、借金返済のために売ろうとするララに、ジュンは少しずつ返済する代わりに、自分の運転手になって欲しいと条件を出す。

感想

ジュンに何があったのか気になります。ララの天真爛漫過ぎるところがジュンにとっては救いなのかもしれないですね。それにしてもキムチチヂミのにおいで壁を突き破るララ・・・爆笑です。確かにチヂミ美味しそうでしたから。ララの食事シーンで、Araさんの見事な食べっぷりは見ていて気持ちがいいです。

【6話】

あらすじ

ウンソクはジュンが、ソヌ財団の一人息子で、高校3年生だということに気づく。ジュンは、ララの結婚式で初めて会った日、ララと同い年だと嘘をついてしまったことを後悔していた。ウンソクにすべてを知られ、戸惑うジュン。ララのそばにいるためにはこれ以上隠さないことを決心する。

感想

驚きの展開です。そう来たか!・・・って感じですね。ジュンがやたらとハーフパンツはいていたのはまだ10代だから??(笑) さすがに10代の高校生設定は厳しいかなと思います。せめて大学生ならまだありですね。5歳差が問題ではなく、高校生というのが問題です。ララがどう受け止めるのか心配です。

【7話】

あらすじ

匿名の応援者「ドドソソララソ」と会う約束をしたララは、約束の場所で待つが、現れなかった。これまでのメッセージを読み返し、「ドドソソララソ」はウンソクではないかと思い始めるララ。ジュンの母親に依頼されジュンを探すチュ室長は、ジュンの部屋の家主であるマンボクを訪ねる。事情を察知したマンボクは、ジュンが別の所に行ったと追い返す。

感想

パジャマ姿のララにサッと上着をかけるジュン。紳士的で素敵ですが、高校生ができる気遣いではないような気も・・・。Araさんの演技がとてもいいです。ララを生き生きと演じられていて、これまでにない表情のAraさんが見られます。お嬢様風のちょっとブリブリなファッションもよく似合っています。

【8話】

あらすじ

ウンソクはララに告白するが、すべてを話す前に断られてしまう。ウンソクに好きな人はいるのかと聞かれ、ララはジュンを思い浮かべる。ピアノ教室の最初の生徒であるジュンは、練習した曲をララの前で披露。演奏に感動し、ジュンの願いでデートをすることに。

感想

ジェミンに楽しい思い出がないと知って、一緒にクッキー作りをするジュンとララ。ララが自分もお父さんとクッキー作りをして楽しかったとジェミンに話すのを見て、やっぱりララのお父さんの子育ては素晴らしかったんだな・・・と改めて思いました。

【9話】

あらすじ

お互いの気持ちを確かめあったララとジュン。何があっても離れないという約束を交わす。ララのストーキングをしているジュンホが、ララやジュンに対してあからさまな行動に出始める。そしてコンクールの打ち上げの最中に、ララはジュンホによって拉致されてしまう。

感想

想いが通じ合った2人の連弾がとても美しくて、良かったですね。ジュン、ピアノ上手すぎです。それにしてもストーカー男のせいでジェミンがとても可哀想でした。そしてとうとうララにも魔の手が。ジュンがジュンホの部屋で見たもの・・・戦慄が走ります。ストーカーって些細なことがきっかけで、犯罪行為までいくのですから恐ろしいですね。

【10話】

あらすじ

ララを助けに向かったジュンは、ジュンホと殴り合いになる。倒れて頭を打ち意識を失うジュンホ。怖くなったジュンはマンボクからの電話に状況を伝え、警察署に行く。ジュンの母親によって連れ戻されるジュン。なんとかララと話をしようと逃げ出し、ララと船乗り場で会う約束をする。しかしララはジュンから聞く前にジュンの秘密を知ってしまう。

感想

救うつもりが逆に危害を加えてしまう・・・よくあるパターンですが、この場合は不慮の事故、いや十分正当防衛でしょう。それにしてもジュンのお母さんはコメディー担当ですか!?っていうくらい笑ってしまいます。家出した息子が見つかって真剣に怒ってますが、チュ室長との絡みもありおとぼけな感じで面白いです。

【11話】

あらすじ

ジュンと別れたララは、わざと明るく過ごしていた。しかしあの日、ジュンと会う約束をした場所に母親を連れていき、連れ戻させてしまったことが心に引っ掛かっていた。そんなララにマンボクはジュンの話をする。自分はジュンについて何も知らなかったと悲しみを吐き出すララ。マンボクは「縁があればきっとまた会える」とララを慰める。

感想

つらい別れです。でも大人なら当然の行動ですから、普段は世間知らずで非常識なことが多いララも、ちゃんと常識的な大人でしたね。友達の弟が、ジュナの親友だった…世間は狭いというか、人と人とは必ずどこかでつながっていることを感じさせられます。

【12話】

あらすじ

再会を果たしたララとジュン。ジュンは年齢を偽った理由をララに話す。また、親友が亡くなったのは自分のせいだと言うジュンに、ララは「あなたのせいじゃない」と慰める。ジュンは家に戻り、それぞれの生活を始める。ある日ジュンの母親に呼び出されたララは、ジュンとの関係を断つように言われ承諾する。

感想

高校生とは思えないジュンの愛の言葉。やっぱり少し無理があるような・・・。ジュンとの別れを決意し、最後のデートをするララがいじらしかったです。いつもはジュンに世話をやいてもらうララが、この時はお姉さんらしくジュンを諭していて、切ない手紙でしたね。

【13話】

あらすじ

ララとウンソクの結婚式に現れたジュンはララを連れ出す。しかしこの結婚式はハヨンとスンギのスモールウェディング事業のPRのためだったと知り恥ずかしがるジュン。ララは車を売ったお金をジュンの母親に渡していた。それを知ったジュンは車を買い戻す。ウンソクはララの応援者「ドドソソララソ」ではないと話し、応援者を一緒に探すことにする。

感想

ララの元婚約者や、ウンソクの元嫁がいまだにララやウンソクを追いかけてるところがちょっとしつこいですよね。特にララの元婚約者、あり得ないです。お別れしたはずのララとジュンも簡単に会ってるし。前回の別れの手紙やデートの意味は??と思ってしまいました。

【14話】

あらすじ

ジュンは高校の同級生ガヨンに好きと言われるが、ララのことしか頭にない。ジュンに冷たくされても、ガヨンはしつこくつきまとう。ある日ララと会う約束をしたジュンは、ガヨンに送ってもらうが、途中で眠ってしまい行くことができなかった。会えなかったララがジュンの家まで行ってみると、そこにはガヨンとジュンの母親がいた。

感想

遅ればせながら、恋のライバル登場ですね。ジュンがまったく相手にしていないところがララ派からすれば安心なところ。ストーカー男以外、ララのまわりはおおむね善良な人ばかりでしたから、ガヨンが意地悪に見えます。ジュンが別れを切り出した理由が気になります。

【15話】

あらすじ

ジュンと別れたララはつらい日々を送っていた。ピアノの師匠から大学院への進学を進められ悩むララ。ジュンとの思い出の多い、ララ・ランドに住み続ける自信がないとウンソクに打ち明ける。ウンソクは、ララ・ランドの建物を買ったのはジュンだと明かす。

感想

ララを励ます師匠の言葉が心に染みいります。ピアノでも歌でも、音楽の力が素晴らしいことは誰もが少なからず感じたことがあるのではないでしょうか。ジュンとの最初の出会いや、「ドドソソララソ」の意味がすべてわかりました。何度も偶然に出会ってきた2人は、やはり運命だったのでしょう。

【16話】

あらすじ

ジュンはララに病気のことを隠し、留学すると嘘をついて治療に専念していた。ララはジュンにプロポーズするため、ララ・ランドでクリスマス演奏会を開くことにする。ジュンと演奏をすることにしていたが、ジュンから遅れるという連絡があり、映像に合わせて演奏をする。そしてジュンの母親から、ジュンが病気で亡くなったことを聞かされる。

感想

正直、あまりにも強引なハッピーエンドに、ちょっと残念な最終話ですね。韓国ドラマにありがちなことですが、毎回エピローグで伏線の回収的なストーリーが描かれていて面白かった分、もったいないです。最後こそ、ジュンがどう生還し、ララのもとに戻ったのかを見せてほしかったですね。

よくある、普通の恋愛ドラマだと思って1話目を見ましたが、次はどうなるのかと続きが気になりやめられなくなる、不思議な魅力のあるドラマです。ララ役のAraさんがとにかく可愛い。ララの純粋無垢で天真爛漫な性格を自然に演じ、お嬢様風のメイクやファッションもとても似合っていて、これまでにない当たり役だと思います。イ・ジェウクさんは実年齢23歳と、まだ若いのですが、ジュン同様年齢よりかなり落ち着いて見えます。いろいろな人物を演じていく上で、幅広い年齢層を演じられるのは俳優として一つの強みではないでしょうか。キャスト、ストーリー共に、期待以上に楽しめるドラマです。「

「ドドソソララソ」出演者・キャストまとめ

【ク・ララ役:Ara】

もとはお嬢様。自称「遊び人ピアニスト」

誕生日:1990年2月11日

主演のAraさんは高校時代から日本語を学び、2007年には日本映画にも出演しています。ドラマ出演も多数あり、日本での知名度が高い女優のひとりです。イ・ジェウクさんは人気急上昇中の俳優。高校生から30代まで幅広く演じる実力派。
韓国の人気女優です。韓国では本名の「コ・アラ」、日本では芸名の「Ara」として活動しています。ドラマ出演も多数あり、日本では「応答せよ1994」で人気を得ました。今後の活躍が期待されます。

【ソヌ・ジュン役:イ・ジェウク】

謎多きアルバイト青年

誕生日:1998年5月10日

韓国の若手実力派俳優です。ヒョンビン主演のドラマで天才ハッカーという悪役でデビューし、強烈な印象を残しました。その後のドラマ出演では、幅広い年齢層を演じ人気急上昇中の俳優です。

【チャ・ウンソク役:キム・ジュホン】

バツイチ整形外科医

誕生日:1980年3月1日

演劇界で長く活動し、その後数々の人気ドラマに出演、知名度が上がりました。今後の活躍も期待されます。

【チン・スッキョン役:イェ・ジウォン】

美容師 ハヨンの母

【チン・ハヨン役:シン・ウンス】

高校3年生 スッキョンの娘

【キム・マンボク役:イ・スンジェ】

ジュンの保護者的存在 ララのピアノ教室の生徒

 

合わせて見たいAraの出演作品

合わせて見たいイ・ジェウクの出演作品

 

合わせて見たいAraの出演作品
・ヘチ 王座への道
・花郎
・ハンムラビ法廷
・応答せよ1994裔

 

合わせて見たいイ・ジェウクの出演作品
・偶然見つけたハル
・検索ワードを入力してください
・アルハンブラ宮殿の思い出裔

▼ Araやイ・ジェウクの出演作品お得に無料で見よう! ▼

U-NEXTで動画を無料で見る >

「ドドソソララソ」を好きな人にオススメの関連動画

同じ脚本:オ・ジヨンの作品ショッピング王ルイ

「ドドソソララソ」と同じ脚本:オ・ジヨンの作品

幼い頃に両親を亡くしたルイは、フランスの大邸宅で暮らす財閥の孫。唯一の趣味である買い物のセンスの良さから、「ショッピング王」と呼ばれていた。15年ぶりに帰国し車を運転したルイは事故を起こし、記憶を失ってしまう。

 

▼ お得に動画を無料で見よう! ▼

U-NEXTで動画を無料で見る >

恋愛
スポンサーリンク
userをフォローする
韓ドラチャンネル

コメント