「椿の花咲く頃」の無料フル動画を日本語字幕で全話視聴する配信サイトまとめ

コメディ

引用元:Netflix

“firstface”

「椿の花咲く頃」あらすじ・キャストに加えて、リーズナブルで無料視聴する方法がわかるよ。

▼韓ドラを無料視聴するなら配信はこちら!▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額

U-NEXTで31日間無料見放題!

31日間無料
その後 2,189円(税込)/月

田舎町オンサンに小さな息子と引っ越してきた未婚の母のドンベク。ドンベクのまわりで起こる様々な事件。そして、ドンベクの周りの人々。ラブロマンスかと思いきやサスペンス?といろいろな要素を含んだドラマ『椿の花咲く頃』

主演はドラマにラブコメの女王と言われるコン・ヒョジンさん。映画、ドラマで大活躍の女優さんです。そして、『椿の花咲く頃』が除隊後最初の作品となったカン・ハヌルさん。『麗~花萌ゆる8人の皇子たちで』での演技が忘れられない素敵な俳優さんです。

「椿の花咲く頃」の動画が全話見放題!

U-NEXTで動画を無料で見る >

韓ドラ『椿の花咲く頃』の動画をフルで無料視聴する方法

韓ドラ『椿の花咲く頃』をフルで無料視聴するなら、無料期間を提供している動画配信サービスを利用するのがおすすめです。

動画配信サービスのほとんどに無料期間があるので、今すぐ『椿の花咲く頃』を無料で視聴できます

動画配信 見放題 配信詳細 見放題 配信詳細 見放題
U-NEXT dTV TSUTAYA DISCUS
Amazonプライムビデオ ABEMATV hulu
Netflix DMM FOD

◎=全話見放題 ◯=一部無料配信 △=有料レンタル配信 ✕=未配信
※2021年8月現在(配信状況は細かく変わるので、詳細は各公式ページにてご確認ください)


動画配信 配信詳細
U-NEXT 31日間無料トライアルで全部視聴!日本語字幕配信
hulu 2週間無料トライアルで全部視聴!日本語字幕配信
2週間無料トライアル 以降は¥1,026/月(税込)
dTV 31日間無料トライアルで全部視聴!日本語字幕配信
31日後、映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円(税込)で見放題!
Amazonプライムビデオ 30日間無料トライアルで全部視聴!日本語字幕配信
30日後は月会費¥ 500(税込)。Prime Video以外にもPrime Musicなどのさまざまな特典あり!
AbemaTV 初回無料プレミアム会員登録2週間は無料日本語字幕配信
その後は月額960円(税込)、いつでも解約OK
DMM見放題chライト 30日間無料 大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実
30日後は月会費550円(税込)
FODプレミアム 2週間無料トライアルで全部視聴!日本語字幕配信
2週間後、月額976円(税込)
music.jp 30日間無料で楽しめる! ※無料期間の付与ポイントは1,600ptとなります
2週間後、月額1,958円(税込)お得なクーポンを毎月プレゼント

 

椿の花咲く頃【最終回までのあらすじ感想まとめ!】

〜ネタバレ含む〜


引用元:YouTube Netflix
「椿の花咲く頃」予告編

ラブコメの女王コン・ヒョジンさんが今回当選するのはシングルマザー。以前、『ありがとうございます』でも素敵な母親役を見せてくれましたが、今回はどんな様々な演技を見せてくれるのでしょう。

【1話】

あらすじ

河原の事件現場。白い布をかけられ運ばれていく死体からブレスレットをした女性の腕が見える。それを見てその場に座り込む警察官ファン・ヨンシク…。田舎町オンサンにドンベクが引っ越してきて、居酒屋「カメリア」を始める。ドンベクは若くて美人。そして、シングルマザーだった。6年の時が流れ、赤ちゃんだった息子ピルグも小学生に。そんな頃ヨンシクはソウルから故郷のオンサンに左遷されて戻ってくる。ヨンシクは正義感が強く、なぜかヨンシクの目の前で頻繁に事件が起きる。そのたびに張り切りすぎてしまうのだ。その頃オンサンでは連続殺人犯カブリを警察が見つけられずにいることで不満が高まっていた。ある日、本屋で本を選ぶドンベクの姿を見てヨンシクが一目惚れ。ヨンシクがドンベクの後をつけて行くとドンベクは法律事務所に。それを見てドンベクが弁護士だと勘違い。実際は店の大家ギュテの妻ジャヨンにギュテが飲み代を払わない事で相談に来たのだった。その後、ギュテがヨンシクらをカメリアに飲みに誘い、ヨンシクはドンベクと出会うことになる。ドンベクとギュテがピーナッツのサービスの事で言い争いに。ピーナッツの代金を払わず帰ろうとするギュテにヨンシクが払えというのだった。

感想

田舎町にやって来たドンベクが一人息子を育てるのがとても大変そうに見えます。小さな街なだけに噂話もあり、暮らしやすそうには見えません。ドンベクはなぜこの街にやってきたのでしょう。そして、殺人の被害者はドンベクなのでしょうか。

【2話】

あらすじ

次の日ギュテは財布を奪われたことを訴えて派出所へ。所長のはからいでギュテとヨンシクは何とか仲直りできる。塾をさぼってゲームセンターで遊んでいるピルグを見かけたトクスンがピルグにご飯を食べさせる。トクスンも女で一人子供を育てたのでドンベクの事は他人ごとではない。ヨンシクはピルグが友達と揉めているのに出くわす。ピルグを慰め二人でゲームをして仲良くなったころ、ドンベクがやってきた。そこで、ヨンシクはピルグがドンベクの息子なのを知った。オンサンの街は「帰って来たスーパーマン」の撮影が来たと大騒ぎ。このテレビ番組のスーパーマンは野球選手カン・ジョンリュルだ。ジョンリュルはこの町出身。その撮影のせいで練習できないピルグ達は不満だ。ピルグはジョンリュルに抗議するが、その時ドンベクが現れる。ドンベクと話し、ジョンリュルはピルグが自分の息子だと知る。夜に出かけようとするドンベクについていくヨンシク。ドンベクは駅をながめながら、駅の忘れ物センターで仕事をするのが夢だと言う。感謝される仕事だからと。ヨンシクはまた駅に来たかったら一緒に来よう。友達になろうというのだった。カメリアに帰って来ると店の前にジョンリュルが。ドンベクはヨンシクの手を握って見せる。ドンベクの店の壁。そこには「ドンベク、お前もふざけるな2013.7.9」の文字が。

感想

ドンベクはシングルマザーだからか、飲み屋をやっているからか、商店街の主婦たちの中でなんだか弱い立場のようです。町のリーダー的存在のトクスンはドンベクの事をわかってくれているようです。ピルグの父親のジョンリュルも登場しこれからどんなストーリーになっていくのでしょうか

【3話】

あらすじ

ドンベクに手を握られて浮かれ気味のヨンシク。ヨンシクはドンベクに告白するが、自分の好みはコン・ユだとあっさり断られる。ヨンシクはあとで自分の事を好きになって泣かないようにと言って去っていく。ドンベクの店にギュテがやってきて壁の傷について文句をいう。そこに居合わせたヨンシクが自分がペンキを塗ると言う。そして、その時「ドンベク、お前もふざけるな」の落書きを発見する。カブリの落書きについて所長に報告するヨンシク。ヨンシクは資料から落書きとカブリの筆跡が同じだと確信。カブリの事件を取材している記者たちはドンベクのところにやってきて、目撃者なんだから協力するように言う。その話を聞いていたヨンシクは連続殺人の目撃者がドンベクであること知った。ヨンシクが何とか記者を追い返すと、ドンベクがお礼といってうどんを食べに行く。6年前の2013年7月9日カメリアである男が酒を飲んでいる。靴が少し汚れていて、テーブルの下で見えないように「ふざけるな」の言葉を書くのだった。

感想

せっかく、ヨンシクが告白しましたが、残念ながらドンベクには受け入れてもらえませんでした。それでも、いつもドンベクのことを考えて行動するヨンシクが微笑ましいです。カブリの落書きはちょっと怖いですね。何も起きないといいですが…。

【4話】

あらすじ

ドンベクの身が気になるヨンシク。次の日カメリアにやって来たヨンシクと所長は落書きが焼き消されているのを発見する。ピルグが気になり、ジョンリュルは何度もオンサンにやってくる。ある日ピルグの元気がないのが気になり、ジョンリュルは理由を尋ねた。中国遠征に行くことになったが、お金が心配なピルグはドンベクに言えずにいた。不憫に思ったジョンリュルは遠征費用を全員分自分が払うと言うのだった。町では店主がドンベクに大根を高く売りつけようとする。それを見ていたヨンシクが割って入る。だが、かえって自分が男を誘惑していると言われると訴えるドンベク。すると、ヨンシクが店主にドンベクは自分を寄せ付けないが自分がドンベクが好きなんだと訴える。それをトクスンが聞いてしまう。そこでドンベクは初めてトクスンとヨンシクが親子だと知る。ドンベクはこれでまた親友を失ってしまうと思うのだった。ヨンシクが店に行くとドンベクが泣いている。ドンベクは生きていくのが恥ずかしい。クラスで一人だけ孤児だったし、今も町で一人だけシングルマザーだと。ヨンシクは孤児で未婚の母なのに自営業でピルグをしっかり育てて偉いと言う。それを聞いたドンベクが好きになったらどうするのと叫ぶ。

感想

ジョンリュルは息子のピルグの事が気になって仕方がないようです。街の中で唯一の味方だったトクスンが一人息子が未婚の母を好きなことを知りドンベクとの関係がギクシャクしてしまうのはとても残念です。もちろん、トクスンの気持ちもわかりますが。

【5話】

あらすじ

ドンベクを家に送って行くヨンシク。そこにピルグが現れ、ヨンシクにドンベクを好きなのかと聞く。ピルグは母親の事を好きな男はすべて嫌いだという。そのころジョンリュルは金遣いの荒い妻のジェシカにいらいら。遠征に行くお金がなくて、我慢しようとしてるピルグの事を考えると余計に腹が立つのだった。ヒャンミの誉め言葉にいい気分になったギュテはヒャンミを連れてスキーに出かける。そして、車が故障して結局そこで一泊することに。そのころトクスンとヨンシクはドンベクのことでもめていた。トクスンは息子の相手に子持ちは受け入れられない。ギュテの外泊に怒ったジャヨンは相手がドンベクだと勘違いし、店の契約の延長はしないと言ってくる。ドンベクは突然のことに理解ができない。ヨンシクはカブリを捕まえようと所長から事件の資料を受け取る。ドンベクが教会のミサで知り合った仲良しのクモクがエステを始めるが、そこで使う新しい機械の中にドンベクが入っている時に事件は起きた。中にいたドンベクはクモクが殺されるところも、犯人も見ていなかった。しかも、機械が開かなかったためドンベクは助かったのだ。これが事件の概要だ。ドンベクが店を閉めて帰ろうとすると、不審な人影が。そして、家まで着いたとき、ヨンシクがついてきた不審な人物を捕まえ、相手の顔を見た。

感想

ドンベクのことを見ている怪しい影が気になる5話でした。そして、ヒャンミも最初から不思議な雰囲気をかもしてはいましたが、さらに何だか行動が怪しいです。そして、そのカブリがまた動き出している感じがしますが、ドンベクは大丈夫でしょうか。

【6話】

あらすじ

ヨンシクが捕まえたのは女性だった。腕には認識番号の入ったブレスレットをしており、電話番号が書かれていた。所長がカメリア番号だと気づきドンベクに連絡が入る。女性はドンベクの母ジョンスクだった。ドンベクは知らないと答える。しかし、お漏らしをしたりして様子がおかしいジョンスクをドンベクは警察署の外に連れて出てきた。そして、ジョンスクに文句を言い、ターミナルのベンチに置き去りにする。だが、結局は気になり、また戻り家に連れて帰って来る。ジョンスクは家政婦をしていたのかドンベクを社長と呼びながら家事をする。ドンベクは複雑な気分だが、ピルグは大喜び。ジョンスクは時々正気に戻ることがありその時にヨンシクはドンベクの誕生日を聞く。ギュテがカメリアに来て酒に酔いドンベクに絡む。その時ちょうど入って来たヨンシクがギュテを投げ飛ばすとギュテはインプラントが折れたと大騒ぎ。ヨンシクは警察に連行されてしまう。カメリアではヨンシクがドンベクの誕生日のために準備したデコレーションをドンベクが見つけていた。それを見たジョンスクは椿が満開の日にドンベクが生まれたとつぶやく。その後ドンベクは店の帳簿を持って派出所へ。今までのギュテの横暴や未払い、セクハラなどについて訴えると言い出す。それを聞いていたジャヨンは夫の浮気相手はドンベクではないと直感。ギュテを捕まえろと言うドンベクに感動して涙を流すヨンシク。

感想

今回はカブリと思って心配していた人影がドンベクの母親だったとわかって一安心。なぜ会いに来たのか、目的が何なのか気にはなりますが…。それに、母親は痴呆があるのか少し様子がおかしいです。そして、今回はジャヨンの誤解が解けて良かったですね。

【7話】

あらすじ

ジャヨンが味方になってくれると思っていたギュテだったが、ジャヨンは法的な支援が必要な時は無料で受けるとドンベクに名刺を渡した。派出所から出て、3人はトクスンの店へ。そこでトクスンがヨンシクのことは時間をかけて整理すればいいと言う。付き合わないかと言うヨンシクの言葉に過去に失敗したからと断るドンベク。友達以上、恋人未満でいることで話は落ち着く。次の日ジャヨンを訪ねると帳簿を使って、訴えることは十分に可能だと相談にのってくれる。万が一のために帳簿のコピーを持っておくようにとのアドバイスもくれた。ドンベクがジャヨンの事務所から出てくるのを見たギュテはドンベクを連れて行き、帳簿を奪おうとする。ドンベクがコピーがあると言って、お互いに告訴を取り消そうと言うのだった。そんな頃ジョンリュルはジェシカがミラノのモデルスクールに行くと言い出し言い合いに。気分がはれず、またしてもオンサンに来てしまう。ジョンリュルに会ったドンベクは「スーパーマン」プログラムを降板してくれないかと頼む。プログラムでいつも娘にベタベタのパパが自分パパだと知ったら、傷つくからと言うのだ。次の朝ドンベクの市場への買い出しに付き合うヨンシク。帰って来くるとカメリアの壁には赤い大きな字で「ふざけるなって言っただろ。あの時からずっと見ている」の文字があった。

感想

トクスンがまだヨンシクとドンベクの間を認めてくれないのは残念ですが、今回のことでジャヨンがドンベクの味方になってくれそうです。一人だと思っていたドンベクに少しずつ味方が増えて行くのは見ていて気持ちがいいですね。そして、カメリアの壁には赤い文字が…。カブリがドンベクのすぐ近くに居そうで怖いですね。

【8話】

あらすじ

赤い文字にショックを隠せないドンベク。壁の字をヒャンミが見たらすぐに町中のうわさになるからと、ヨンシクにペンキ塗りを頼むドンベク。ヨンシクは防犯カメラを確認するが写っているのはカブリにだとするには親しい人ばかり。ドンベクの方はカブリを恐れて引っ越しを考えるがお金がない。ジョンスクにその話をすると行くところがあるとタクシーに乗って行ってしまった。その後、店に誰かが入ってくるのが怖くなってしまったドンベク。小学校の前を通るジョンリュルが体育館からボヤが出ているのを発見。ジョンリュルはピルグに怪我はないかと。ピルグを迎えに来たドンベクはピルグが見つからず探し回り、派出所へ。そのころピルグとジョンリュルは海辺でアワビを焼いて食べていた。町中探してカメリアに戻るとそこではピルグとジョンリュルがテレビを見ていた。腹が立つドンベク。そして、ヒャンミはドンベクと仲良さそうにしている写真を使ってジョンリュルからお金をまき上げようと近づく。ボヤのあった体育館でライターを見つけるヨンシク。そして、ヨンシクはそのライターに見覚えがあるようだが…。

感想

一体誰がカブリなのでしょう。ギュテは何となく連続殺人犯のイメージではありませんが…。ドンベクの近くにいるのは確かなのでびっくりするような人物がカブリの可能性もありますね。ドンベクはすっかり弱気になってしまい、そんな姿を見ているヨンシクも辛いのではないかと思います。

【9話】

あらすじ

ついに店を閉める決心をして、店の前に貼り紙をするドンベク。引っ越しの準備をしていると町の人々もトクスンもドンベクを止めてくれる。カブリを捕まえればドンベクが引っ越さなくていいと捜査にやる気をだすヨンシク。事件現場のエステ店の向かいのビルが気になり見に行ってみるとそこには猫の餌が置いてある。何となく猫の餌が気になるヨンシク。捜査の合間を縫ってドンベクの顔を見に行くと、ドンベクはヨンシクはボーナスみたいな人だと話す。ヨンシクはチェジュ島に引っ越しても会いに行くと言う。ヨンシクが帰ると今度はジョンリュルがやってくる。ジョンリュルはアワビの下に3千万ウォンを入れて渡そうとする。ドンベクはプライドを考えたら断りたいが現実は子供を育てなくちゃいけないからと受け取る。ジョンリュルはできる限り早く整理するからやり直そうと言う。ちょうど、そこにやって来たヨンシクはドンベクのしたいようにすればいいと。 ジョンリュルの手を振り払ってヨンシクの元に行くドンベク。ジョンリュルまたドンベクを呼びだし、今度はピルグと一緒に野球留学に行くように話す。そして、なぜあの時いなくなったのかと責める。ドンベクはいつも別れようと言っているジョンリュルは妊娠を喜ばないと思って家を出たと言う。ドンベクはもう逃げないとカメリアに向かった。そして、そこにヨンシクを見つけ、カメリアを続ける決意をする。そんなドンベクにヨンシクはキスをするのだった。

感想

カブリがすぐ近くに居そうで怖いですね。子供いればなおさらです。それでも、頑張ると決めたドンベクを応援したいです。ジョンリュルのおかげでヨンシクの良さがさらにわかって、二人の気持ちが通じ合ったようで良かったですね。

【10話】

あらすじ

ドンベクは真っ赤なワンピースで街を歩きとても幸せそう。スクーターを買って出前まで始める。そんな時もヨンシクはドンベクの家の近くに猫の餌があるのが気にかかる。そのころ、事件現場のエステの付近でまたしても火災が発生。同じライターが発見される。ヨンシクは所長から実はカブリ事件の前にも放火が4件あったと聞かされる。一方、学校ではピルグが父親が二人だとからかわれていた。ピルグは我慢できず相手に殴りかかってしまう。ジョンリュルとピルグは海辺に来て、ジョンリュルはピルグに携帯電話を渡す。ピルグは父親だから買ってくれるのかと聞く。お母さんが何百回もおじさんのせいで泣いたから嫌いだと答える。 ヒャンミはコペンハーゲンに行くためにお金が必要だと、今度はジェシカを脅すことに。一方、ジェシカはジョンリュルの車のナビの履歴にオンサン小があり、行ってみることに。そこでジェシカはドンベクを見た。ドンベクの方もジェシカに気づいた。実はジェシカはドンベクの写真を見たことがあったのだ。カメリアではヒャンミがドンベクの3千万ウォンに手を付けようとしているのをジョンスクが見つける。また、ヨンシクは花束を持ってカメリアに来るがドンベクはジョンリュルと出かけたと言う。ジョンスクはヨンシクに待っていてもだめだと言う。ジョンリュルは離婚したらよりを戻せるかと聞く。そこに現れたヨンシクはピルグの父親としては尊重するがそこまでだといいドンベクに自分の手を掴むように言う。そして、手を握って歩きだす。そのころヒャンミが猫に餌をやっている人を偶然見かける。そして、場面はまた河原へ。変死体の主の身分証明書の名前がチェ・コウンとなっていた。

感想

ドンベクがぱっと華やかになりましたね。恋は人をこんなに綺麗にするものなのでしょうか。目の輝きが違います。でも、ピルグの方は悩ましいですね。ジョンリュルは自分はピルグが生まれたことも知らなかったといいますが、ピルグにとってはそんなことは関係ないでしょう。そして、ヒャンミが見かけた猫に餌をあげている人の正体は?そして、チェ・コウンとは?

U-NEXTで動画を無料で見る >

【11話】

あらすじ

河原の場面、殺されたのはヒャンミだった。現在にもどり、ヒャンミが猫の餌をやる人影に話しかける。そして、部屋はいくつあるのか尋ねると荷物を持ってついて行く。ドンベクはピルグの野球の試合の応援に行く。不公平な審判をしたり、わざとデットボールを投げてるくピッチャーにきれるピルグ。大乱闘になるところがヨンシクがドローン片手に現れ、その場を収める。カブリの捜査を続けているヨンシクは塾がある建物に注目して調べだす。カメリアの前でヒャンミを見かけたジャヨンはヒャンミを連れてカフェへ。ギュテが来たところで外泊のことで言い訳をする二人に、ギュテはヒャンミにあげるという。ヨンシクはカブリ事件で得をしたのはギュテだけだとにらみ町の人達に聞き込みをした。ヒャンミが3千万の前で考え込んでいるとそこにナクホがやって来た。そして、ヒャンミとナクホの雰囲気がおかしいのにドンベクも気付く。ナクホは死ぬまで金を返さなくちゃと言ってヒャンミを脅す。そして、ついて来いと肩を掴む。ヨンシクは指先に皮膚炎ができて、病院に行く。医者は農薬を触ったんだろうと言う。ヨンシクはふと猫の餌を触ったことを思い出す。ナクホはヒャンミを店の外に引きずり出す。怒ったドンベクはボールでナクホの頭を叩き消えろと叫ぶ。その向こうには猫の餌を持っているフンシクがいた。

感想

ヒャンミは殺されてしまったようです。犯人はカブリでしょうか。そして、ヒャンミのこれまでの人生が切ない感じがする11話でしたね。ヒャンミが人生で初めて会った自分の味方がドンベクになりそうです。今回は本当にドンベクがかっこよく見えました。

【12話】

あらすじ

ドンベクたちはナクホを連れて警察へ。ナクホは最初はおとなしくしていたが、自分の前科がばれるとドンベクを脅すようなことをいう。見ていられないくなったヒャンミはナクホを連れて外に出て、月末までには戻るからここの人達には手を出さないように言う。家に帰って来たヒャンミにドンベクは行くなと言う。ずっと、自分にくっついていろと。猫の餌の男フンシクに会い、ヨンシクはこっそりフンシクの猫の餌を持って帰り分析に回した。そして、カメリアに花束を持ってやってきたヨンシク。その花を花瓶にさそうと中に入っているライターを出すとそこにオンサン小の体育館で見たものと同じものがあった。そして、ヒャンミはカブリの落書きを消した焦げ跡のようなものを他の食卓でも見たが、どこかは言えないと言う。その後ヒャンミはソウルへジョンリュルに会いに行き、またお金をせびる。ソウルから帰って来たヒャンミはオンサン湖でギュテと会う。浮気の証拠を押さえようとジェシカとジェシカの母親がカメリアにやってきてピルグの髪の毛を抜こうとする。それを見ていたジョンスクが二人をつまみ出す。ジェシカを見かけたヒャンミはジェシカを脅す。寝たきりの祖母を見舞い弟に電話をかけコペンハーゲンに行くというヒャンミに弟は来るなという。ドンベクはジョンリュルにお金を返そうと呼び出したがお金が見つからない。ヒャンミが持って行ったのだ。戻って来たヒャンミは配達から帰ったらお金を返すとドンベクのブレスレットをして、配達にいってしまう。

感想

ヒャンミが死ぬ前の24時間が描かれている12話でしたが、ヒャンミの行動は恨みを買いそうだし、実際に恨んでいそうな人がたくさん出てきました。その中にヒャンミを殺した犯人がいるのか、それともカブリが犯人なのか。次回が気になりますね。

【13話】

あらすじ

ヒャンミにイライラしているジェシカは「殺してやる」と叫びながら、ヒャンミのスクーターの後ろをついて行く。ヒャンミは途中で会ったギュテの前を指でハートを作って通り過ぎる。その姿にイラっとくるギュテ。ヒャンミが帰ってこないのを心配したドンベクはヒャンミの家に行ってみる。ドアには督促状がたくさん挟んであった。本当にコペンハーゲンに行ってしまったのかと心配するドンベク。猫の餌からは農薬が検出。ジャヨンはギュテと離婚すると裁判所に連れて行こうとする。だが、ギュテは愛していると言って逃げてしまう。次の朝週に一度ドンベクと市場に行くヨンシクが現れない。結局、一人で市場へ。ドンベクが市場に着くと領収書撮りに来るように放送があり、事務所に行ってみるとその中に閉じ込められてしまう。ボヤの現場に来ていたヨンシクはそこで焼け焦げているセーターがドンベクの物ではないかと疑う。そのころ市場では火災が起きており、駆け付けたヨンシクがドンベクを助ける。運ばれた病院のベットの上でヨンシクはドンベクのことが心配でこのままではいられないから結婚しようとプロポーズ。二人はキスをする。

感想

ついにドンベクが殺されそうになってしまいました。今回はヨンシクが間に合いましたが、危なかったです。でも、こんな時にヨンシクはとても素敵なプロポーズをしたと思います。二人がこのまま上手くいってくれるといいのですが…。

【14話】

あらすじ

火事で夫を亡くした、トクスンはヨンシクが火事に巻き込まれたと知り、興奮状態。ドンベクにも冷たく出ていけと言う。家事の現場では防犯カメラがまったく動いていたなかったことがわかる。フンシクは暗い部屋の中の男にやめてくれと話しかけている。退院したヨンシクはもう一度ボヤの現場へそして、そこでも防犯カメラが壊れていたことがわかった。そして、そこでドンベクのヘルメットも見つかる。カメリアにはジョンスクの娘ソンヒが現れ、ジョンスクは向こうで話そうと連れて行く。ヨンシクがヒャンミの部屋を捜査しながら、弟の連絡先を見つけ連絡してみるが、弟は姉の心配をすることなく、姉に借金がないのかだけ気にする。そして、そこで通帳も見つけ中を確認すると、ヒャンミがお金ができるたびにコペンハーゲンに送金していた記録が。それに加えギュテの名前があった。ギュテに事情聴取をするとヒャンミがあぜ道に落ちているのを見つけ手を貸してくれと言うからかしたという。そして、ヒャンミの携帯の位置情報を見ると湖の真ん中になっているのだった。ある日ドンベクはジョンスクを焼き肉屋に誘う。そして、自分が捨てられた日と同じようにフォークを渡し、サイダーを注文。あの日ジョンスクがドンベクにしたのと同じようにジョンスクに話しかけ、焼き肉屋にジョンスクを置き去りにする。帰って来た、ドンベクはヨンシクを見ると泣き崩れた。

感想

ヒャンミの事件はまだまだ先が見えない感じ。そして、突然現れたジョンスクの娘の目的は何でしょう。今回はドンベクがジョンスクにドンベクなりの復讐をしますが、そのせいでドンベク自身が苦しい思いをするのを見て、こちらまで胸が痛かったですね。

【15話】

あらすじ

ジョンスクに復讐をしたのに自分の方が傷ついてしまったドンベク。ヨンシクに励ませされジョンスクを迎えに行くが、その時にはジョンスクは姿を消していた。ヨンシクはトクスンにドンベクにプロポーズしたと報告するが、トクスンは認めてくれず。田舎道の防犯カメラを手に入れたヨンシクはスクーターを追いかけているジョンリュルの車を見つける。そして、ジョンリュルに電話をかけると彼女は死んだのかと反対に聞いてくる。ギュテは実はエステ店の事件の日向かいの建物にいたと告白。塾となっていた部屋は実は不法賭博場だった。そのせいで今まで事件の事を黙っていたギュテだったが、刑務所にいる賭博場のオーナーに掛け合い、その日の防犯カメラの映像を確保する。そして、そこにはカブリとともにもう一人の人影が。ドンベクはジョンスクの携帯を見つけその中にある写真からジョンスクが、未婚の母の支援施設でもドンベクが通っていた教会でも奉仕活動をしていたことを知る。そこでピルグの世話をしていたことも。そして、防犯カメラの中にジョンスクが映っていたことも知らされた。ジョンスクはずっとドンベクの近くにいたのだ。そして、ジョンスクはドンベクに自分の保険金を渡そうと会いに来たのだった。そのころジョンスクはフンシクに会いに行き、お前がカブリだろうと言うのだった。

感想

今回はジョンスクの愛が伝わってくるストーリーでした。ずっと、ドンベクを見守って来たジョンスクが一人でカブリかもしれないフンシクと対決。ジョンスクの身に何も起きないといいのですが。

【16話】

あらすじ

ジョンリュルはおもちゃを持ってピルグに会いに来ると自分とも暮らしてみようと誘う。ドンベクはいなくなったジョンスクが気になって仕方ない。その頃ジョンスクはは倒れて病院に運ばれていた。ピルグは中国遠征に行く前ヨンシクにママは怖がりだから3日間うちに泊まっていいと耳打ちする。ドンベクが心配なヨンシクはドンベクの家で一晩過ごすが、出てくると車の上にあのライターがあった。次の日ドンベクが目を覚ますとスクーターをとりに来るようにと電話が入る。スクーターをとりに行くとヨンシクにメッセージを残して出かけるドンベク。行先は今は使われていないショッピングセンター。地下駐車場に降りて行くとスクーターと共にお前が来ないから、あいつが死んだだろ。お前の周りはみんな死ぬとのメモが。そして近くに止まっていた車のドアが開く。そのころヨンシクはジェシカが車をぶつけたところにいたジョンリュルを派出所に連行する。その時派出所の電話や無線機が鳴りだす。そして、ドンベクからのメッセージを確認したヨンシクがドンベクに電話をするがつながらない。テレビでは30代の女性の死体が上がったとニュースが流れ、ギュテが逮捕される。ヨンシクは急いでショッピングセンターへ。ドンベクはエレベーターの電源を切って隠れていた。メモの内容からヒャンミが死んだことを悟るドンベク。エレベーターから出てきたドンベクは探しに来たヨンシクにカブリを殺してやる。カブリを見たと言うのだった。

感想

怪しい人物はたくさんいますが、やはりヒャンミを殺したのはカブリのようです。そして、またドンベクが狙われることに。ヨンシクはドンベクを守れるのでしょうか。

【17話】

あらすじ

ヒャンミがドンベクの代わりに殺されたことを知ると町の女性たちが立ち上がった。女性たちはドンベクに食べ物を持ってきたり、カメリアに集うようになり、ドンベクが家に帰る時間は運動するのだと言って護衛した。そして、ドンベクはその様子に涙するのだった。ヒャンミの捜査は進みジョンスクはフンシクが犯人だと言うが証拠がなく相手にされない。ギュテ、ジョンリュル、ジェシカもまだ捜査対象だ。中国から帰って来たピルグはドンベクの迎えがないのに不満そうな表情だ。ドンベクは捜査協力しなければならなく迎えにこられなかったのだ。一緒に行こうと言うジュンギのママについて行くが、商店街でトクスンが自分を「こぶ」だと言っているのを聞き一人で家に帰って来る。あわてて家に戻るドンベクとヨンシクに二人は結婚する気なのかと怒鳴るピルグ。ヒャンミの事件は釣り堀の近くでジャヨンがヒャンミ見てスクーターを乗せていく軽トラを見たと言う証言とジョンスクの軽トラとジョンリュルの車を見たと言う証言から急展開。ジョンリュルのドライブレコーダーを調べ軽トラのナンバーがわれ、軽トラの持ち主フンシクの家に家宅捜索に入った。そして、カメリアではピルグが突然お父さんと暮らすと言い出す。

感想

ついにヒャンミの事件が解決に向かいそうです。犯人はフンシクで決まりでしょうか。そして、フンシクはカブリなのでしょうか。そして、そんな時に突然のピルグの発言。ピルグは本当にジョンリュルのところに行ってしまうのでしょうか。

【18話】

あらすじ

フンシクはDNA検査を受けるが、その時暗い部屋の中に人影が。フンシクは父だという。そして、歩けないのだと。ピルグは結局ジョンリュルのところに行くことに。車に乗って行くピルグは車が走り出すと泣き出した。自分は重荷になりたくないから行くのだと。ジョンリュルの家につくとジェシカがピルグに上手くやろうと言う。フンシクのDNA検査の結果がシロだとわかると落胆するヨンシク達。だが、モンタージュ写真の方はフンシクの父親そっくり。ヨンシク達はフンシクの父親を逮捕する。そのころ、ドンベクがトクスンがピルグに重荷だと言ったことを知った。トクスンはドンベクに謝るがドンベクは怒りを隠せない。そして、ソウルにピルグを迎えに行く。ピルグの学校に行くとお弁当の中身が白米とタクワンだけなせいでピルグがタクワンと呼ばれているのを知り、怒ったドンベクはジョンリュルを殴ってピルグを連れて帰る。そして、テレビではカブリ逮捕の報道が流れる。ドンベクはヨンシクの事でピルグに我慢させていたのだと、ヨンシクに別れを告げる。

感想

ついにカブリが逮捕されました。やっとこれでドンベクもオンサンで安心してピルグと暮らせそうです。ピルグも連れて帰って来ることができたのは良かったですが、今度はヨンシクと別れると言います。ドンベクとヨンシクの未来はどうなるのでしょう。

【19話】

あらすじ

ドンベクはヨンシクと別れてしまう。そして、ジョンスクにずっと一緒に居てほしいと言う。フンシクの父のの事情聴取を続けるヨンシク達。フンシクの父は自分をバカにする町の人達が憎くて殺したと言う。ヒャンミに関しては、ドンベクと間違えて殺したのだと。ドンベクはジョンスクに移植手術を受けて生きてほしいと言うが、ジョンスクは受けないと言う。ジョンスクは自分の病気がドンベクにも遺伝している可能性があると知りまたしても姿を消してしまう。そして、ホテルのベットに横たわるジョンスクは昔のことを思いだしてた。ジョンスクは姿を消す前にヨンシクに絶対にドンベクと別れないでほしいとお願いしたあった。いなくなったジョンスクを探してくれと言うヨンシクに言うドンベク。やっと見つかったと報告が入り病院に向かうときにドンベクはジョンスクの手紙を見る。そこには夫の暴力に耐えきれず家を出たが、子供を一人で育てることができず孤児院に預けたことやそれからずっと探し続けたこと、そして見守ってきたことが書かれてあった。病院に横たわるジョンスクを見て涙を流すドンベクだった。

感想

ジョンスクが見つかって良かったです。ジョンスクがドンベクの事をどれだけ愛していたのかが伝わってきて涙が出る19話でした。ジョンスクのせいでまた顔を合わせたヨンシクとドンベク。二人はまたよりを戻せるのでしょうか。

【20話】

あらすじ

ジョンスクは命は助かったが危険な状態。ヨンシクはフンシクの父の証言がなんとなく気にかかり、間違った事件の経過を話す。しかし、その内容に気付かないことと、ずっと見ていたの落書きからヨンシクはカブリはフンシクの方だったと確信。そのころ、カブリの事件のせいで仕事もなくなり街人たちにも白い目で見られてたフンシクをドンベクは店に連れてきて食事を出す。するとフンシクは自分がかわいそうだから優しくするのかと言って変な音の咳を始める。それを聞いていたドンベクはカブリはフンシクだったと気づく。そして、フンシクがドンベクを掴もうとすると電話やメールが鳴り響く。危ないと思ったフンシクが逃げ出そうとすると、ドンベクが外まで追いかけて行って殴りつける。そこに到着したヨンシクは自分が守ろうと思っていたけどドンベクは自分で自分を守ったのだと感心する。病院に行くとジョンスクは今日が峠だと言われるドンベク。ピルグを連れて、病院に駆け付けたトクスンはドンベクとヨンシクの交際を認めてくれる。その後はギュテが韓国で最高の病院を手配してくれ、ジョンスクはドンベクの腎臓を移植し目を覚ます。ドンベクとヨンシクは幸せな結婚式を迎える。そして、数年後メジャーリーガーとしてテレビに出ているピルグを見守るドンベクとヨンシクの姿があった。

感想

本当のカブリが捕まって本当に良かったです。そして、ヨンシクとドンベクもハッピーエンド。ドラマの最初のころのオドオドした表情のドンベクがどんどん強い女性そして母になっていく姿やドンベクを取り巻く人々が変わっていく姿が素敵なドラマでした。

U-NEXTで動画を無料で見る >

「椿の花咲く頃」出演者・キャストまとめ

【オ・ドンベク役:コン・ヒョジン】

カメリアの経営者

誕生日:1980年4月4日

ラブコメの女王と言われ数々のドラマで主役を演じる人気女優。『嫉妬の化身』や『プロデューサー』などで素敵な演技をみせました。40歳を過ぎた今でも可愛らしさを失うことはありません。

【ファン・ヨンシク役:カン・ハヌル】

警察官

誕生日:1990年2月21日

イケメン俳優さんとして有名なカン・ハヌルさん。舞台俳優からスタートしただけあって、演技力には定評があります。『未生』や『相続者たち』カン・ハヌルさんの演技を見ることができます。

【カン・ジョンリュル役:キム・ジソク】

プロ野球選手/ドンベクの元恋人

誕生日:1981年4月21日

帰国子女のキム・ジソクさん。大学でもドイツ語を勉強され、語学堪能だと言う噂です。多くのドラマや映画に出演され、これからが期待される俳優さんです。

また動画の見放題作品数No.1なので、「椿の花咲く頃」を見終えた後も、コン・ヒョジンカン・ハヌルが出演している韓国ドラマを全力で楽しむことが出来ます。

合わせて見たいコン・ヒョジンの出演作品
・嫉妬の化身
・プロデューサー
・パスタ~恋ができるまで
・ありがとうございます
合わせて見たいカン・ハヌルの出演作品
・麗~花萌ゆる8人の皇子たち
・失踪ノワールM
・未生

コン・ヒョジンやカン・ハヌルの出演作品お得に無料で見よう!

U-NEXTで動画を無料で見る >

「椿の花咲く頃」を好きな人にオススメの関連動画

君はロボット

引用:U-NEXT
「椿の花咲く頃」と同じ、演出家: チャ・ヨンフンの作品 ソ・ガンジュン主演のAIと財閥の御曹司を演じたラブストーリー。

▼ お得に動画を無料で見よう! ▼

U-NEXTで動画を無料で見る >

コメント